>  > あまり意識しなくていいんですよ

あまり意識しなくていいんですよ

そこまであまり意識する必要がないというか、風俗に対して勝手にハードルを高くしている人、多いんじゃないかなって思うんですよ。確かに風俗必勝法だとか口コミだとかを見ていると、風俗を利用する前の段階でしっかりと調べておくべきことが多々あるんだろうなって思ってしまう人が多いのも分からない話ではないんですけど、風俗は基本的に自由なので、どんな形で楽しむのも決して悪いことじゃないんです。ただ、「最高の満足」を求めた時にある程度情報収集が必要なのも事実かなとは思いますよ。風俗って無機質なサービスじゃなく、女の子と二人きりの時間を楽しもうってものなので、どんな時間になるのかは相手だけじゃなく自分の問題だってあるんです。ただ、じゃあ相手にどれだけ乗れるのかって考えるとそこはもう自分好みの子の方が断然テンションだって高まるって話なんですよね。だから誰でも良いって思っている人は、そこまで深く考える必要ないですよ。

快感への向上心が風俗を楽しくする

快感への向上心は風俗でもっとも大切なことなんじゃないかなと、最近よく思うようになってきましたね。やっぱり風俗では相手任せにするんじゃなくて、自分でも協力的な姿勢を持つことがとても大切だと思うんですよね。これは実際に女の子と向き合わなければ分からない部分だと思うんですけど、女の子だって風俗嬢である前に人間。完全に受け身なおお客に快感を与えるのはなかなか簡単ではないんですよね。でもこちらが少しで良いので協力的な姿勢を見せれば女の子だって多少はやりやすいんですよ。だから風俗では自分もある程度快感を求めて楽しむというか、女の子に対して協力的な姿勢を持つこともある程度は重要なんだなって思って実践するようになりました。お客だからとか、お金を払っているのは自分だとか思うんじゃなくて、どうすればもっともっと楽しめるのか。本当に大切な部分はそこら辺にあるんじゃないかなと思うようになってきて、風俗がより楽しくなりました。

[ 2016-11-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談